menu

ハイソラ

iPhone 12 mini 3週間使用レビュー

ITEM
calendar_todayhistory

2020年10月23日の発売日からiPhone 12 Proを使用していましたが、いろいろと気になることがあるのは以前記事にもしました。

その3週間後、11月13日にiPhone 12 miniも発売となり、今はこちらを使用しています。

iPhone 12 miniを開封

iPhone 12 Pro / mini、いずれも3週間使い続けましたので、改めてレビューしたいと思います。
結論からいうと、様々な方にお勧めできるモデルは「iPhone 12 mini」です。

iPhone 12 miniは「ストレスフリーiPhone」

iPhone 12 miniの場合はiPhone 12 Proよりも軽く、画面のサイズも小さく、本体のサイズも小さくなっていますが、この小ささが最高のバランスを生み出し、iPhone 12 Proでは叶えられない「ストレスフリーなiPhone」であることを生み出しています。
スマートフォンは毎日使うものです。だからこそ、慣れない小さなストレスが日々積み重なります。iPhone 12 Proで感じていた小さなストレスが、iPhone 12 miniでは全て払拭されたといっても過言ではありません。

カジュアルに扱えるiPhone 12 mini

デスクにカジュアルにおけるiPhone 12 mini

軽く片手ですっぽりと持つことができるサイズ感は、かなりカジュアルにiPhoneを扱うことができます。忙しい朝にささっと前ポケットに入れたり、デスクに置いているときに電話やメールがきてもささっと持つことができるのは、このiPhone 12 miniしかないのではないか。iPhone 12 Proだと、本当にわずかですが「よいしょ」という感じで持つことになります。スマホは毎日使うものですので、このストレスから開放されるだけでも、iPhone 12 miniを選ぶ理由になります。

FaceIDが使えない今こそ、片手で使えることが大事

マスク前提の社会においては、スーパーやコンビニ等でキャッシュレスで買い物をするときに、FaceIDを使うことはできません。パスコードでの入力が求められます。
例えばコンビニなどで、お水一本だけ買う際など、会計時間がかなり短い場合があります。指紋認証の場合は指を当てているだけで認証されますので一瞬なのですが、FaceIDの場合はマスクをずらす、あるいはパスコードで入力し、その後会計と言う流れになります。これが意外と時間がかかります。レジの待ち時間の間に操作をしておけばいいのですが、iPhone 12 Proだと片手で操作することがかなり難しく、やはりレジで会計をする間に操作をすることになりあまりスマートではありません。しかしながらiPhone 12 miniの場合、片手で容易にパスコードの解除が可能なので、ささっとパスコードを解除した上で会計をすることができ、かなり短時間ですみます。

動作ももちろんサクサク

iPhone 12シリーズは全て同じチップセットを搭載していますので、動作の速度に違いはありません。搭載しているRAM容量は差がありますが(iPhone 12/12 miniは4GB、iPhone 12 Pro/Pro Maxは6GB)、個人的に体感できるほどの差は感じません。
もちろん使い方にもよる部分が大きいですが、ゲームはあまりせず、ウェブサイトの閲覧やSNS、写真の撮影や動画の撮影、編集程度であれば、全く不便は感じません。

iPhone 12 Proの方が良かった点

逆に、iPhone 12 Proから乗り換えてマイナスに感じる部分を考えてみます。

コンテンツの迫力が減った

YouTubeやInstagramのコンテンツは小さくなってしまい、迫力はすこし抑えられてしまいました。写真を見る時も、iPhone 12 Proではくっきりと写っていた部分も、iPhone 12 miniでは拡大しないとわかりにくい感じです。
この点については、やはり画面サイズが大きいiPhone 12 Proに一日の長があります。

バッテリーの保ち

iPhone 12 miniのバッテリーはあまりもちません。細かな測定はしていませんが、100%にしてから、SNSやブラウジング、メールチェックを時々している程度でもあっというまに80%くらいまで落ちます。充電せずに寝てしまい、翌朝電源が落ちてしまっていることもありました。しかしながら、iPhone 12 Proでも同じような意見を聞くことがありますので、おそらくiOS 14が抱えている問題の可能性もあります。

大きな違いはカメラ、だが大きな違いはあまりない

iPhone 12 ProとiPhone 12の大きな違いはLiDARセンサーとカメラです。iPhone 12 Proには望遠のレンズもついていますし、LiDARセンサーによるナイトポートレートモードの綺麗さは、条件次第ではフルサイズセンサーのカメラと同等と言っても過言ではありません。

iPhone 12 Proで撮影
Leica Qで撮影

ちなみに上がiPhone 12 Pro、下がライカQです。

しかしながら、言ってしまえば差はこれだけ。昼間の撮影や、ポートレードモードのボケの出方も大差はありません。もちろんよく見ると「若干違うかな?」という気もしますが、ぱっと見では本当に変わりはありません(もちろんiPhone 12 Pro Maxはセンサーサイズも異なっていますので、かなり差が出ています)。詳細は以下のページが大変詳しく出ていますので是非。

Camera test: iPhone 12 vs. 12 Pro vs. 11 Pro

iPhone 12 miniは「本来のiPhone」だと思う

私の使い方や環境では、iPhone 12 miniはマイナス面を補って余りあるサイズ感と性能のバランスが至高だと感じています。PCやタブレットを持っていらっしゃらない方は、おそらく画面サイズが大きい方がコンテンツを楽しむことができると思います。Mac、iPadを持っていて、ゲームもしない私としては、このサイズは「iPhoneって本来こうだよね」という感覚を持つほどです。

手にジャストフィットするiPhone 12 mini

iPhone 12 miniは「電話や情報収集を毎日カジュアルにできる」という本来の性能を再び持ったiPhoneだと言えます。多くの方にお勧めできるモデルです。