menu

ハイソラ

自分のiPhone 12 miniとiOS14.3で発生しているバグ

ITEM
calendar_todayhistory

今日はクリスマスですね。メリークリスマス。
iPhone 12 miniを愛用してから1ヶ月以上経過し、時折iPhone 8を使うと「画面が小さいな…」と感じ、またiPhone 12 Proを使用すると「本体が大きすぎるな…」と思ってしまうほどかなり愛着が湧いています。色々と購入の際に悩みましたが、私の場合はiPhone 12 miniが大正解だったようです。このサイズでずっと出し続けて欲しいくらい使いやすいサイズ。

iPhone 12 mini

ちなみにケースはUNiCASEの「Smooth Touch Hybrid Case for iPhone12 mini (greige)」を使っています。
二層構造になっているのですが、私のケースは少し不良品だったようで、ケースをはめると内側の衝撃吸収部分が外れて浮いてしまうようです。
ケース自体を分解してもう一度はめ直すと無事に直りましたので安心しました。

iPhone 12シリーズは総じて評価されている印象です。しかしながらiOS14は細かいバグが多く、小さなストレスがたまります。12月14日、iOS14.3がリリースされましたが、まだまだ解消されていません。ここ最近のApple製ソフトウェアの中でも酷い出来なのではないかと感じています。
特に通信関係でうまくいかないことが多いので、まとめてみました。
あくまでも私の環境下で発生しているバグということをご理解の上、お読みください。

1.eSIMの基地局の切り替えがまだ上手くいかないことがある

現在、主回線をUQmobile、副回線を楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)に、そしてモバイル通信を副回線に設定し使用しています。
電車の移動時、radikoやSpotifyを使用しているのですが、基地局の切り替えが上手くいかず、再生が止まってしまう問題が発生していました。
iOS14.3にしてからは、頻度は減ったものの、いまだに切り替えがうまくいかないことがあります。
アンテナピクト表示はこれまで1本や圏外になったのが、4本のまま表示されるようになっていますが、データの通信がうまくいかない。
4回に1回は通信がうまくいかなくなる状況です。

2.物理SIMをデータ通信に設定すると副回線のeSIMが圏外に

eSIM(楽天モバイル)から物理SIM(UQmobile)にデータ通信を切り替えると、副回線の楽天モバイルが圏外になります。
デフォルトの音声回線もデータ通信もUQmobileになるので、特にこれといって不具合はないのですが、圏外になってしまうのが気になります。
こちらは毎回100%再現してしまうので、明らかにバグです。

iOS14.3で発生するバグ

ネット上でも、同じような報告をかなり見かけます。
ちなみに、副回線の楽天モバイルをモバイル通信に使用するように設定し直すと、圏外から復帰します。

3.テザリングが時々切れてしまう

データ通信を楽天モバイルにしているので、無制限でデータ通信を行うことができ重宝しています。
しかし、この状況でテザリングをしていると、時折途切れてしまいます。
ずっと通信ができて、調子が良い時もあるのでどのような状況下でこのようなことが起きるのかはまだ不明です。

4.iMessageの通知がまだ来ない時がある

これまでかなりの頻度で発生していたアイメッセージやSMSの通知が来ないバグですが、まだ発生します。
ただ、iOS14.2からはその頻度は少なくなっていますので、修正は入っているようです。
これもどのような状況で発生するか、再現が大変難しいのですが、気がついたらバッジに1がついているような状況なので、iMessageヘビーユーザーとしては少し困ります。

コロナ禍とはいえ根本的なバグを放置するのはいただけない

そのほか、ネット上を探すとバッテリーの異常消費や、ワイヤレス充電されない問題を報告している記事も見かけるのですが、私のiPhone 12 miniではそのような現象は特に発生していませんので、一斉に同じようなバグが発生しているものでもなさそうです。

iPhone自体のバリエーションもかなり増えてきましたので、これから色々なバグが散発的に発生することが予想されます。特にこのコロナ禍においては、Appleという巨大企業においてもバグフィックスの作業がなかなか難しいのは想像に難くありません。
ただ、通信関係という根本的な部分の致命的なバグが、そのままの状態でリリースされてしまうのはいかがなものかと思います。
早急な改善をしていただきたいものです。