HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

ダイソーのUSB-C変換アダプタが普通に使えるのでオススメ

MacBook Proを使用している上で、一番のネックになっているUSB問題。
やはりUSB-Cだけだと、何かと不便なのです。
何人かで仕事をしていて、データのやり取りをする際にUSBメモリを使用するときなど、「あー、アダプタも借りていいですか?」「すみません、ハブごと…」というやり取りを何回も見ています。
というわけで、MacBookやMacBook Air、MacBook Proを使う場合はUSBのアダプタやハブが必須なわけですが、「そんなに使う機会もないし、いざという時あればいいかな」「外出の時だけ欲しいな」という方にぴったりの製品を見つけました。

ダイソー USB-C変換アダプタ

それがこれ、なんと100円ショップのダイソーで見つけた「USB USB-C変換アダプタ」です。
値段はもちろん100円。

ダイソー USB-C変換アダプタ

本体は3cmほどで、ものすごく小さいです。気をつけていないと紛失してしまいそうです。

ダイソー USB-C変換アダプタ

差し込み部分は青色の塗装がされています。
ということはUSB3.0対応なのでしょうか。

ダイソー USB-C変換アダプタ

シルバーの塗装がされていて、MacBook Proの本体とよく合います。
さて、実際に使ってみましょう。

ダイソー USB-C変換アダプタ

これはいい。普通に使えます。

USBメモリでのデータのやり取りはもちろん、バスパワーの外付けHDDを接続してTime Machineでバックアップも普通に取れます。
ソフトウェアを用いて正確な数字を出せば、少しは遅くなっているのかもしれませんが、体感で遅いと感じることはありません。

私は外出時にペンケースに入れて持ち運んでいます。
外出時に複数のUSB機器をつなぐことはあまりないため、今の所1つで十分です。
大げさなハブを持ち歩くのではなく、持ち運びにはこのような小さなアダプタを選んでみるのはいかがでしょうか。

COMMENTS

TOP > Gadgets > ダイソーのUSB-C変換アダプタが普通に使えるのでオススメ