menu

ハイソラ

iPhone 12 Proを使い続け、iPhone 12 miniが気になった話

ITEM
calendar_todayhistory

こんにちは、あんず(@anzu_highiso)です。
iPhone 12 Proを発売日に入手してから、早2週間が経過しました。毎日使い続けていると、どんどん気にいるところ、そしてどんどん気に入らないところが出てきましたので、今回は正直に書きたいと思います。

まずは、気に入った点をご紹介します。

カメラはやはり綺麗

カメラは本当に綺麗です。あまり出かけられていないので、作例がかなり乏しいのですが一応アップしておきます。

iPhone 12 Proで撮影
iPhone 12 Proで撮影

特に、夜間のポートレートモードは本当に綺麗です。おそらくこの部分では、コンデジや一眼にも勝てる部分、というか勝っていると思います。
LiDARセンサーとA14Bionicチップの速さで、いわゆるコンピュテーショナルフォトグラフィーの真髄を見せつけられている感じがします。
例として、雨の夜にベランダの手すりを、Leica QとiPhone 12 Proで撮り比べてみました。どちらの写真が、どちらのカメラで撮影したのか、パッとみただけではわからないと思います。

iPhone 12 Proで撮影
Leica Qで撮影

正解は上がiPhone 12 Proです。先日セミナーで同じ質問を行ったのですが、会場にいた40人全員が左が高いカメラ(Leica Q)で撮ったものと思っていました。かなりショック。
ということで、夜間のポートレートモードの綺麗さは本当に素晴らしいです。

コンテンツがより楽しめる画面の大きさ、綺麗さ

iPhone 12 Pro

これまで大きな画面のスマホを持ったことがなかったため、iPhone 12 Proの6.1インチというサイズはかなり新鮮でした。ウェブページを見ているときでも、インスタの写真を見るときでも、カメラで撮った写真を見るときでも、X-T3で撮った写真を見るときでも、YouTubeを再生しているときでも、このくらい大きいとコンテンツにより没頭できるのか、と感じます。
また有機ELディスプレイの綺麗さは素晴らしく、特に写真を見たときに本当に引き締まって見えます。

角ばったデザイン

iPhone 12 Pro

iPhone 6以降の丸みを帯びたデザインも好きだったのですが、やはりiPhone 5、SEを思い起こさせる角ばったデザインは潔いデザインで好きです。持った時に角が気になるになるかもと思いましたが、重量バランスがいいのか、これまで特に気になったことはありません。