HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

2017年買ってよかったものベスト3

大晦日、いよいよ年の瀬ですね。
2017年は、皆さんどのような年でしたでしょうか。

ということで、今年買ったものベスト3を発表します。
評価基準は、「明らかに生活に良い影響を与えてくれた」か否か、で判断しました。
早速発表です。

第3位「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30」

第3位はBluetoothイヤフォンの「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30」です。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

Bluetoothのイヤフォンは、スマホからコードが伸びないだけじゃないか、と考えて居ましたが、そのコードがなくなるとこんなに軽やかになるとは思って居ませんでした。
そしてこの「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30」は音質も私好みで、本当にいいものに出会えたな、と感じます。

第2位「Apple iPhone 8」

iPhone 6でまだまだいける、と考えて「いた」

iPhone 6を3年以上使っていて、そこまで不満は感じていませんでした。
しかし、アプリの立ち上げ時や操作に若干のタイムラグや時間がかかるようになり、毎日使っていると、かなりフラストレーションを覚えるようになりました。
(※この記事を書いている最中に、Appleがバッテリー保護のために意図的に動作速度を落としていることがニュースになりました)

そんな中、iPhone XとiPhone 8の発売。
ガジェット好きとして、古い機種を我慢して使うのは限界を感じ、どちらかを買う決意をします。
どちらを買うか悩んでいる様子は、記事にもしました。

iPhone XよりもiPhone 8が統一感がある

iPhone Xは、新しいデザインや顔認証など、まさに新世代のiPhoneという感じがしますが、「ノッチ」と呼ばれる画面上の欠けがとても気になり、またそれによるUIの変更にかなり無理を感じます。
AppleのUIは、ここにきて少々破綻を感じるようになりました。
ハードのデザインは変わらず美しく、持つだけでも喜びを感じるものですが、画面上のデザインは疑問点だらけです。
ついては、「従来のiPhoneの完成版」という呼び声高い、iPhone 8を購入しました。

(参考リンク:https://www.apple.com/jp/iphone-8/

iPhone 8は全てにおいてきちんと進化している

iPhone 6からの進化は目覚ましいですね。
動作速度はもちろん、カメラの画質向上は本当に素晴らしく、コンデジ(RX100M3)の登場機会は格段に減ってしまいました。
iPhone 7で違和感を覚えたホームボタンも、積極的に使っていると違和感は払拭できました。
デザインも大変美しく、特にガラスの裏面はiPhone全体の統一感を醸し出し、机に置いているだけでも「絵になる」端末です(私は傷がつかないか心配なので、純正のレザーケースを愛用していますが…)。

iPhone 8

なにより、ApplePayはここまで便利なものなのか、と感動しました。
VIEWカードでオートチャージを設定し、iPhoneで改札を通過していると、これまでわざわざ券売機に並び、カードケースや財布をを鞄から取り出し、改札を通過するという行為そのものが鬱陶しいものになりました。

以前の記事で、荷物自体は減らないからあまり意味はない、という趣旨の意見を書きましたが、鞄から取り出すことなく、手元にあるものでそのまま買い物や改札を通れるという便利さは、荷物が減る・減らないは関係のないことだと気づきました。

値段は約9万円と決して安くなく、むしろ本当に高いと感じますが、毎日使うものは、やはりより便利なもの、美しいものを選びたいものです。

第1位「Apple Watch Nike+ Series3 GPS 38mm モデル」

11月にApple Watch Series3のNikeモデルを購入しました。
(参考リンク:https://www.apple.com/jp/apple-watch-nike/

私はiPhoneをmineoで契約しているので、セルラーモデルではなくGPSモデル、また手首が細いので、38mmの方が「しっくりくる」と感じ、42mmモデルではなく38mmモデルです。
「42mmの方が画面が広くていい!」という意見をよく目にしますが、これは本当に人それぞれなので、ぜひ試着してください。

全く興味がなかったApple Watch

そもそも、Apple Watchはさほど興味がありませんでしたし、あまり早くない動作、デザインに対する違和感が拭えず、これまでスルーしていました。
おまけに健康には気を使っていますが、運動はハードルが高く感じ、体を動かすことにそこまで興味がない自分。
AppleWatchを買ったところで、そこまで使いこなす自信はありませんでした。

ただ、Series2からSuica対応になり、毎日の生活が便利になったという意見を多く耳にし、そしてSeries3で動作速度が向上しサクサクになった、という意見もちらほら耳にするようになり、その上iPhone 8の完成度が高く、Appleへの期待が戻ってきたということもあり、購入しました。
Amazonで交換ベルトをのぞいてみると、かなりデザインがいいもの、革の品質が良さそうなものも多くあり、ファッションとしてもしっかり楽しめそうと感じ、いよいよ導入しようかなぁと思った次第です。

今ではスマホやiPhoneは当たり前のように生活に馴染んで居ますが、Apple Watchはまだ街中で見かける機会もそこまで多くなく、早めに経験した方がいいのではないかというのも、決め手の一つ。

生活の質がワンランクアップ

Apple Watch Nike+を身につけた様子

付けるようになってから1ヶ月以上経ちますが、本当に便利です。
毎日つけているのですが、明らかに生活の質がワンランクアップした印象を受けます。
少しコンビニにお水を買いに行く程度だと、スマホさえ持たず、鍵とAppleWatchだけ持つ(というか身につけているので、持つのは鍵だけ)ようになりました。
買い物はApplePayに登録した楽天カード(QuickPay)で支払います。
これだけで用事が済むのは、予想以上に便利です。

ただ、Suicaで改札を通ることはしていません。
左手につけながらSuicaを利用して改札を通るのは、やはり個人的にあまりスマートには見えませんし、エラーが出ることも多く、今では改札はiPhoneで通過するようになりました。

より健康に気をつけるようになった

また、本格的な運動にAppleWatchはいいパートナーになることは間違い無いですが、日々の生活において、より健康に気をつけるためにも、AppleWatchはとてもいい。
1時間に1回立ち上がって軽く体を動かしましょう、と通知してくれますし、あと3分早歩きすると、目標のカロリーを消費できます、と教えてくれたり、またマインドフルネス用のアプリは、呼吸のタイミングをバイブレーションでお知らせしてくれます。

通知のタイミングやバイブレーションの強さはとてもいいですし、またAppleWatch自体のデザインは毎日身につけることで、はじめてそのシンプルさが活きてくると感じます。

正直、ここまで素晴らしいものとは思って居ませんでした。
ということで、2017年のベストバイは「Apple Watch Nike+ Series3 GPS 38mm モデル」です。

よい本には出会えなかった2017年

毎年、生活に刺激を与えてくれる本に出会えて居たのですが(特に今年は本もかなり読んだのですが)、新しい気づきを与えてくれる本に出会うことはできませんでした。

2018年はどのような年になるのでしょうか。
いい人、いい仕事、いいモノに出会えますように!

本年も拙いブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
来年もぜひ、よろしくお願いいたします。

みなさま良いお年をお迎えください。

COMMENTS

TOP > Gadgets > 2017年買ってよかったものベスト3