HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

手帳選びに悩む毎日

12月に入り、そろそろ本格的に2015年の手帳を考えるシーズンですよね(遅いか)。
私はいつもこの時期から本格的に考えるようにしています。
あまりにも早いと今年の手帳に失礼な気がして(笑)。

IMG_7754.jpg

私が今使っている手帳はコーテッドの週間バーチカル、A5の物を使っています。
2014年の手帳を選んだ際は、
・上から下に時間の流れを記録したい
・少し大きめの手帳
・厚い紙でしっかりしたもの
・デザイン性が高いもの
という理由で、この手帳を選んだ次第です。
値段は確か3000円ちょっと。
そこそこしました。

今年の手帳を見返してみる

この手帳を、2013年も使っていたのですが、一つ気づいたことがあります。
それは、「手帳には、そんなに書くことがない」ということです…。
A5ほどの手帳になると、そこそこの大きさと重さになります。
それを持ち運ぶ訳ですから、その手帳はいっぱい情報が詰まっていなければならない!
そんな気がします(笑)。
にも関わらず、余白がいっぱいなのです。

DSC01760.jpg

毎日毎日、アポがあって、様々なミーティングをこなさなければならない人は、週間バーチカル(時間軸が縦になっているもの)は本当にオススメです。
どこからどこまで、時間を区切らなきゃいけないか、ということがはっきりとしますから。

DSC01759.jpg

しかしながら、私は週に1回〜2回打ち合わせがあり、その他はほぼ自宅で仕事をしています。
どちらかというと、毎日の予定よりも、複数動いているプロジェクトが、「どこまで進捗しているのか」「どこまでに何をしなければならないのか」ということに重きを置くべきだなぁと。
もちろん、これまでもそういった進捗管理は行っていましたが、A4の紙に別で出力したものを使っていました。
これを一本化しようと考えたのです。

アイディア帳としてのロディア「Webnotebook Landscape」

手帳はスケジュール調整として使いたいので、アイディア帳は別で持っています。
私は「ロディア WEBNOTEBOOK Landscape ドット罫 cf118049 ブラック」を使っています。

ロディアの見やすく書きやすい紙と、横に長いサイズ感がすばらしいのです。
アイディアノートとしてこれまで使ってい、縦に長いノートは少し違和感を覚えていました。
パソコンの画面は横長ですよね。
ノートでイメージをメモして、それを基にパソコンで実際に作業をするときに、縦から横に…というところに、違和感を覚えていました。
それを解決してくれるとても良いノートです。

IMG_7755.jpg

月曜日はじまりという違和感

それから、もうひとつ、気になるのが「月曜始まり」ということです。
家にある普通のカレンダーは、たいてい日曜始まりですよね?
それなのに、手帳に予定を書き込む時は、日付と曜日を一回変換してから、書き込むことになります。
これは何か、凄いノイズになってる気がしています。
予定を忘れないようにするのに、一回、「えっと、2日は金曜日で…」という変換はムダな気がするのです。
また、月曜日・火曜日…と慣れているのにも関わらず、「Mon」「Tue」とか書いてあると、それこそ英単語から日本語に訳すことになります。
これも、なんか無駄だなぁ…と。

2015年の手帳選択はこれで行こう

なので、2015年は以下のことを重視しています。
優先順位順に並べると、
1.プロジェクトの遂行管理が出来そうな物
2.カレンダーは日本語表記
3.サイズは小さめ
4.日曜日始まり
ということで、以下のいずれかで悩んでいます…。
・高橋書店「高橋書店 2015年版手帳 T’mini(ティーズミニ)2 H140×W82mm No.155

・(日曜始まりを妥協して)「ほぼ日手帳 WEEKS 2015ホワイトライン(ブラック)

というか、今は日曜始まりの手帳ってホントに少ないんですね…。
新しい手帳は、いつ出会えるやら。
他にオススメあったら教えて下さい…。

COMMENTS

TOP > Gadgets > 手帳選びに悩む毎日