HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

MacBook Air 12インチに淡い期待

3月9日のAppleのイベントまでもうすぐですね。たぶんApple Watchが発表になりますが、同時にMacBook Airの12インチも発表されるのではないかという噂(by Cult of Mac)が出てきています。
個人的にはこっちの方が気になっています。

16044301457_48f87ed07a_b-800x601.jpg
MacBook Air 12インチのイメージモデル(by Martin Hajek

MacBook Pro Retina 13インチの悩ましい重さ

以前、記事にも書きましたが、昨年MacBook Pro Retina 13インチモデルにしました。
買ってからしばらく経ちますが、やはりMacBook Airとの決定的な違いが浮き彫りになってきました。
重さの問題です。
私が使っているMacBook Pro Retina 13インチモデルは、1.57kg。
このハイスペックな性能で、この軽さは驚異的です。
しかしながら、それまで使っていたMacBook Air 11インチは1.08kg。
当たり前ですが、サイズが大きくなった分、500g重くなっています。
私はこのMacBook Pro Retinaを購入した際に留意したのは、画面のサイズについてです。
Retinaのきれいな画面ももちろん魅力的でしたが、それ以上に、作業がしやすいサイズというものに、大変魅力を感じました。
RetinaではないMacBook Proという選択肢もあったのですが、「持ち運ぶ」ことを考えて、より軽い方を選択しました。
そして、MacBook Air 13インチについては、「どうせ13インチなら、よりハイスペックな方がいいな」と考え、選択肢から外したのです。
500g重いということは、すごく微々たるものです。
しかしながら、この500gが、結構効いてきます。

MacBook Pro Retina 13インチの暮らし

MacBook Air 11インチの際は、出かける際に本当に毎回、一緒に持って行きました。
文庫本を1冊携えるように、MacBook Airを持って行き、空いた時間にメールの執筆や、簡単な仕事のチェックをしていました。
しかしながら、MacBook Pro Retina 13インチにしてからは、「今日は、まぁ、いいか」と、家においておく機会が多くなってきました。
もちろん、仕事で絶対に必要な際は持ち歩くのですが、必ずしも必要ではないとき、持ち歩くことが減りました。
というか、ほぼ家においておくようになりました。
これはこれで、本を読む時間が増えたり、よりiPhoneを活用することになり「よりシンプルな暮らしができる」というプラスになることも多いのですが、しかしながら、やはりパソコンを持ち歩くということは、出来ることがそれだけ増えるということです。

MacBook AirとProの選び方を改めて考える

「毎日持ち運ぶ」ということが決まってる方は、迷わずMacBook Air 11インチ・13インチがいいです。
「週に1、2度持ち運ぶ、スペックは高い方が嬉しい」という方は、MacBook Proがいいです。
たった数百グラムですが、その差は毎日となると、大きなものになります。

MacBook Air12インチに淡い期待

まだ発表されていないMacBook Air 12インチは、どのようなサイズ感になるかわかりませんが、ぜひとも実際に触れてみて、重さ・ディスプレイのサイズともに絶妙なバランスがとれていれば、購入を検討したいと思っています。
ちなみに、個人的な予想では、iPad Proとよばれる大きなサイズのiPadの情報は、このMacBook Air12インチのことなのではないかな…と考えている次第です。

COMMENTS

TOP > Gadgets > MacBook Air 12インチに淡い期待