HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

やっぱり、Appleは「コンテンツを作り出す機器メーカー」であってほしい

Appleスペシャルイベント
Appleのウェブサイトより引用

日本時間で10月30日に開催されたAppleのスペシャルイベント。
Twitterの広告が気持ち悪いと周囲で話題でしたが、今回はニューヨークが会場ということもあり、午後11時から開催。
かなり良い時間帯でしたのでご覧になった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

個人的に、今回発表されたプロダクトは全部欲しい…かなり物欲を刺激されてしまいました。

MacBook Air

新しいMacBook Air
Appleのウェブサイトより引用

全く更新されていなかったMacBook Airがリニューアル。
アーキテクチャも最新のものになりましたね。
TouchBarなしでTouchIDのみ採用されるという「Appleわかってんじゃん」という仕様になっています。

ただ、CPUは1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサのみでカスタマイズもできません。
若干スペック的に不安が残りますが、ガツガツ映像編集するわけでもないですし、外出先で若干修正をかける程度であれば、このスペックで問題はないのではないでしょうか。
約1.2kgという軽さと、MacBookよりも安い価格はかなり魅力的です。

参考:https://www.apple.com/jp/macbook-air/

Mac mini

新しいMac mini
Appleのウェブサイトより引用

Appleから忘れ去られたのではと考えられていたMac miniもリニューアル。
もちろんアーキテクチャは最新のものになり、CPUも最大で3.2GHz 6コアIntel Core i7にできます。
ただ、メモリは自分では交換不可のようですので、カスタマイズが必須になるでしょう。

参考:https://www.apple.com/jp/mac-mini/

iPad Pro

新しいiPad Pro
Appleのウェブサイトより引用

Face IDになり、ホームボタンもなくなり、薄くなり、ベゼルレスになり、コンテンツに没頭できるデザインになりましたね。
Apple Pencilも新しくなり、なんとかならなかったのか、という充電方法もリニューアル。
パチッとマグネットでiPad Proに付けるだけで充電できるようになりました。

参考:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

自分の作業環境と照らし合わせる

ここまで製品が魅力的に思えるのは、やはり自分の作業環境に必要なものが揃ったからなのだと思います。
何度かご紹介していますが、私の作業環境は

・メイン:MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) + DELLの23インチ外付けディスプレイ
・サブメイン:iMac (27-inch, Late 2012)メモリ24GBにカスタマイズ

というものになっています。
サブメインというわけがわからない立ち位置なのは、家から30分もかからないで着く作業場のMacがiMacなんですね。
ここで週に2回、仕事をしています。
やはり27インチの作業環境と、i7のCPU、メモリ24GBは今だに不満ないスペックで、モタつきも特にありません。

この環境下で、どこでも不満なく仕事ができるようにするために、1年間ほど試行錯誤しているのですが、まだしっくりきていません。
家のネット環境があまりよくないのと、決して広くはない家の作業場に大きなiMacを持ってくるのは気が引けますし、メインのMacBook Proも2.4 GHz Intel Core i5、メモリ8GBはキツくなってきてしまいました。
先日リリースされたAdobe CCのPhotoshop、Illustratorは動作が緩慢です。

そこで、新しくリリースされたMac miniをメインにし、サブマシンを新しくなったMacBook Airにする

・メイン:Mac mini + 27インチの新しい外付けディスプレイを購入
・サブメイン:DELLの23インチ外付けディスプレイを据え置き、MacBook Airを必要に応じて持ち運び作業
・MacBook Pro、iMacを引退させる

ということを画策しています。
先述したように、iMacは今も何の不満もなく動作しているので残すことも考えていますが、すると、iMac・Mac mini・MacBook Airという3台体制になってしまいます。
これでは、Adobe CCの2台までインストール可能という制限に引っかかってしまうことになり、かなり悩ましい事態になります。
そこで、

・メイン:Mac mini + 27インチの新しい外付けディスプレイを購入
・サブメイン:DELLの23インチ外付けディスプレイを据え置き、iPad Proを必要に応じて持ち運び作業

という作業環境も考えています。
しかしながら、iPad Proで自分の仕事がどこまで満足して作業できるのか未知数ですし、外出先で急に仕事をすることになった際、どこまで対応できるのかもわからない。
某ファッション系ECサイト社長よろしく、お金に余裕があれば全部買えばいいのですが、現実逃避も甚だしい。
いつもの悩みのループに入ってしまったわけです。

「大好きなAppleが戻ってきた」感じがする

イベントでのTim Cook
Appleのウェブサイトより引用

今回、イベントで特に印象的だったのは、観客もティム・クックも興奮気味だったということ。
ティム・クックのプレゼンは正直、退屈な印象を受けますが、今回は別でした。
やっぱりAppleは「コンテンツを作り出す機器メーカー」であってほしい。

iPhoneは他のメーカーに追従され、(いまだに好きになれない)ノッチだらけのスマホになり、iPhoneの優位性はかなり落ちているように思います。
ただ、MacとiPadはやはり他社には真似できないプロダクトだと思うのです。
置いておくだけでスタイリッシュなデザインはもちろん、ハードとソフトが緊密に連携し動作する様子は、やはりWindowsでは味わえない。
Surfaceもかなり良さげですが、どうしてもUI、UXの観点やハードとソフトが一体となったデザインにおいては、Appleに一日の長があります。
自分アイデアを丁寧に実現できるのは、Macしかないですし、アイデアの基礎をまとめるのには、iPad + Apple Pencilの右に出るものはいません。

いやー、今回の新製品は全部欲しい。

COMMENTS

TOP > Gadgets > やっぱり、Appleは「コンテンツを作り出す機器メーカー」であってほしい