HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

Appleの購入サポートチャットがとてもよかった

ここ数ヶ月、MacBook Proを持ち歩いて、あちこちで作業をするという生活が続いています。
iMacも作業場においてあるのですが、基本的にはMacBook Proを持ち歩いて、出先のモニターにつないだりして、使用しています。
じっくりと腰を据えて作業をする場合はiMacが一番向いているのですが、自宅でじっくりと作業をする時間が減ってしまっています。
ほぼMacBook Proがメインマシンになりつつあります。

性能に限界が見え始めたMacBook Pro(Late 2013)

しかし、やはりCore i7 3.4GHz、メモリ24GBのほぼフルスペックで購入したiMacと比べ、MacBook Proは性能的に厳しいものがあります。
ネットや文章作成、Keynoteでの講演資料作成の場面では、さほど問題なく動きますが、Photoshop、Illustratorで作業をしていると、もう少し早くなってほしい、もう少しスムーズに動いてほしいという場面が多く、その細かいイライラが積み重なって、作業効率が下がってしまっています。

そこで環境を一新し、MacBook Proを新しくしてメインマシンにしてしまおうと考えているのですが、またいつもの病が発症し、なかなか決めきれないのです…。

検討しているのは、MacBook Pro 13インチ。
Touch Barは、物理キーが好きな私にとっては論外なので、Touch Barなしのバージョン。
そして、メモリは16GB、ディスクはSSDを512GBを考えています。

新しいMacBook Proは、i5かi7で非常に悩む

…と、ここまではスムーズに決めることができたのですが、CPUをi5のままでいくか、i7にアップグレードするか、非常に悩んでいるのです。
i5よりもi7の方が処理速度が速いのはわかりきったことなのですが、ここに投資してまで、速度を求める必要があるのか、という点が引っかかる。
映像の仕事も最近は引き受けて居ませんし、i7の威力が発揮されるというエンコードする機会もそうそうない。
ただ、毎日の作業において、i7が威力を発揮してくれるのであれば、それだけの価値はあるなぁ…。
このような感じで、毎日悩んでいるわけです。

ラチがあかないので、AppleStore銀座で実機を触ってみることにしました。
しかし!i7のカスタマイズモデルが見当たりません。
スタッフの人に声をかけようにも、中国人でごった返す店内では容易ではありません。

あまり行きたくなくなったAppleStore銀座

といいますか、AppleStore銀座はあんなに買い物しづらかったでしょうか…。
店内は人でごった返し、荷物を広げたり、何人かでテーブルを占領していて、買い物どころか触りたい商品を触ることもできない。
別に、人数を制限しろとか、マナーに苦言を呈したいのではありません。
スタッフがもう少し気を使ってくれたり、少し注意することもできないのでしょうか。
AppleStoreはそのフレンドリーさ、買い物のしやすさ、Appleの世界観を肌で感じることができるスポットだったと思います。
明らかにブランドイメージを低下させてしまっている、というとしか言いようがありません。

閑話休題です。
結局、i7のモデルについて、触ることもスタッフに尋ねることもできなかった私。
そこで、AppleStoreオンラインストアのチャット機能を思い出しました。

Appleの購入サポートチャットを使ってみる

Appleオンラインに行くと、このようにチャットをするボタンが用意されています。
早速、押してみましょう。

Appleの購入サポートチャット

ショッピングのサポートを選択すると、カスタマーサービスに接続されます。

Appleの購入サポートチャット

おっと、営業時間外のようです。

Appleの購入サポートチャット

気を取り直し、後日改めてチャットを開くと、「本日はどのようなご用件でしょうか」と尋ねられます。
MacBook Proについて、i5にするかi7にするか尋ねたい旨を書きます。

Appleの購入サポートチャット

すると、あるサポートの方と繋がりました。
その後は、普通にチャットをするだけです。
担当の方はそれはそれは親切に、私の悩みを全て聞いてくれました。
予算から使い方、現状の環境とどの程度差があるか…などなど。
時間にして40分もチャットをしていました。

基本的に高いものを勧めてくるのだろうと予想していましたが、そんなことはありませんでした。
「i7はIllustratorなどでは体感することができるが、感動するほどではない」「そこに投資をするのではなく、こちらの性能をアップすれば良いのでは」「15インチにするとi7のクアッドコアになるので、コストパフォーマンスは良くなる」と、色々とアドバイスを丁寧にしてくれました。
15インチという新しい選択肢が提示され、正直悩みは深くなってしまいましたが、疑問は全て解消することができました。

もっと活用すればよかった、Appleのチャット

いやはや、もっと使えばよかった、Appleのチャット。
ライフスタイルの変化によって、私のように作業環境も変えざるを得ない場面というのは、意外とあると思います。
近くに詳しい人がいるのであれば、気軽に聞けるかもしれませんが、もしかすると間違った知識を持っているかもしれないですよね。
私も詳しい方だとは思いますが、細かい悩みは尽きません。
そのようなことで悩んだら、ネットで色々と情報を探しつつ、Appleのチャットで聞いてみてはいかがでしょうか。

COMMENTS

TOP > Gadgets > Appleの購入サポートチャットがとてもよかった