HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

Amazon Kindle Paperwhiteを入手しました

まぁ、入手と言っても、買っただけなんですけど…。
本を読むのが好きなんです。
結構寂しがり屋(照)なんですけど、本があれば寂しくなくてですね、ことあるごとにページを開いているんです。
読みたい本は数多いんですが、なんといったらいいか、自分の部屋に置いておく訳ではなくて、ちゃんと読んでみたいだけ…みたいな本が多いんですよね。
で、図書館が苦手なんです。
なんというか、分かんないんですけど、苦手なんです。
なおかつ、最近電子書籍関連の仕事を少しやってまして、自分でも電子書籍を体感しないといかん!となりまして。
思い切って買ってみました。
Amazon Kindle Paperwhite
Amazonとか、一部の家電量販店でも買えますが、今回はAmazonで購入。
結構お手頃な、7980円!
こんな箱に入ってきます。高級感はあまりありませんがシックで好き。
この辺はAppleの独壇場ですね。
R0011187.jpg
オープン!
R0011188.jpg
フタに説明書が入ってます。
R0011189.jpg
観てみましょう。
R0011190.jpg
うーん、グローバル。
R0011191.jpg
勿論日本語もあります。
R0011192.jpg
本体。至ってシンプルです。
下にUSBコネクタ、スイッチがあるだけ。
R0011193.jpg
本体下にUSBケーブルがありました。
AC電源アダプタは別売りです。せこいね。PC/Macから充電できます。
R0011194.jpg
ON!
R0011195.jpg
おおー、結構きれい。
英語もドイツ語もイタリア語もペラペラだけど(嘘)、日本語を選択。
R0011196.jpg
WiFiの設定をすませると、Amazonへ接続されます。
R0011197.jpg
既存のアカウントがあるので、設定。
R0011198.jpg
IDとパスワードを入れると自分の名前が。
R0011199.jpg
これで設定は完了です。
PaperwhiteはEインクというものを使用しているので、文字が実に自然。
当たり前ですが液晶っぽくはないです。
ただ、ページの切り替えとかは苦手ですね、これも当たり前なんですが…。
イメージとしては、昔おもちゃであった、ペンで書くと画が出るけど、レバーを引くとイッパツで消えるあれ(笑)。
磁石と砂鉄で書ける、アレ(笑)。
まだ使い初めなので、このくらいですが、とりあえず軽いし、目に優しいし、寝ながら本を読んだりするのには最高ですね。

COMMENTS

TOP > Gadgets > Amazon Kindle Paperwhiteを入手しました