HIGH ISO LIFE

フリーランスのデザイナーの目線で、色々なことを考えるブログ

無印良品のファンを卒業しかけている

「シンプルで無駄がない」ということを、仕事でも生活でも大切にしています。
これまで何度も取り上げてきましたが、やはり無印良品のデザインはまさしくその王道を行く感じで、とても好きでした
しかしながら、ここ数ヶ月で一気にその熱が冷めています。

デニムのリニューアルが残念

まず、デニムのリニューアル。
他のファストファッションとは一線を画すサイズ感、デザイン、機能性、そして何よりも生地の質感が高く、ずっと愛用していました。
しかしながら、最近のリニューアルで他と迎合するような、着易さを前面に出したものにリニューアルされました。

もちろん服の好みは人それぞれなので意見を言うのは間違っていますが、「言いたいほど前のデニムが完璧だった」ということです。
綿密なマーケティングがされた結果なのは自明なことですが、至極残念です。
ちなみに、今は予算をあげてデニムは全てリーバイスにしています。
やはり生地、サイズやフィット感、全体的なシルエット、デザイン、どれも素晴らしいです。
値段が上がっているので当然と言えば当然ですが、そう考えると以前の無印のデニムはコスパがかなり良かったということになります…。

そのほかにも、シャツの縫製やタオルの質感など、細かなところにコストダウンの結果が見え隠れしているのがわかるのですが、決定的なのは「ネット在庫がほぼない」と言うことです。

ネットショップの機能を果たしていないネットショップ

仕事場では書類やファイルを、ファイルボックスに入れて本棚で管理をしています。
現在はIKEAで安く購入した段ボールでできたボックスです。

IKEAのファイルボックス

耐久性に難ありですし、追加しようと考えてもなかなかIKEAに行く機会がないので、我慢をしていました。
その点、多くのメディアやネットでも取り上げられている、無印のファイルボックスは店頭で見てもかなり頑丈にできているのがわかりますし、何よりも「何もないデザイン」と「絶妙な白」なのがいい。

無印良品のファイルボックス
無印良品のウェブサイトより引用

そして6月20日現在、年に数回ある「無印良品週間」というキャンペーンで全品10%オフで買い物ができる期間中です。
(参考:https://www.muji.com/jp/feature/mujiweek/190614/index.html

無印良品週間
無印良品のウェブサイトより引用

ちょうどいい機会ですし、全て無印のファイルボックスで統一しようと目論んでいました。
収納を考えると、10個は必要。
店から家に持っていくのもつらいので、ネットショップで購入をしようとしました。

無印のネットショップの在庫がない

しかし、全く在庫がないのです…。
以前、無印のウェブサイトに対する苦言を書いたところ、多くの方に反響いただきました。

中には、在庫がいつも不安定で使いにくいと言うコメントもいただきました。
まさしくその状況です。
ほかにも、店頭では売り切れている衣料品などもネットで探したのですが、こちらも在庫はありませんでした。
そのような戦略ではないと信じたいですが、セール期間中にあえて在庫量を減らして売り切れにしているのでは、と勘ぐってしまいます。
無印にはそんなけち臭いことはしないで欲しいですし、そのような戦略ではないとすると、もう少しロジスティクスの面を考えて欲しい。

無印良品の関係者でもないですし、知人もおりませんので事情は全くわからないのですが、この2、3年で明らかに全体的な雰囲気、質が変化したように思います。
これまで、「とりあえず無印でいいか」という思考回路になるほどファンでしたが、今は「セリアにないかな」「IKEAに行こうかな」と、「他にいいところないかな」と探し回っています

会社は常に改善をする必要がありますし、いつまでも同じことはできないものですが、それは「いい方向」に向かう必要があります。
無印はどんどん悪い方に向かってないか…?と心配です。

COMMENTS

TOP > Diary > 無印良品のファンを卒業しかけている