HIGH ISO LIFE

デザイナーの端くれが感度高く生きるためのメディア

ケン・シーガル著『最強のシンプル思考』を読みました

『最強のシンプル思考』の表紙

ケン・シーガル著『最強のシンプル思考 最高の結果を出すためのたった一つのルール』を読みました。

ケン・シーガル氏は、広告代理店のTBWA\CHIAT\DAYでクリエイティブ・ディレクターとして勤務し、そこでAppleの広告キャンペーンに関わりました。
iMacの名付け親であり、伝説的なキャンペーンThink differentの仕掛け人としても有名です。
氏の最新刊がこの『最強のシンプル思考』というわけです。

結論:あまりおすすめできない

まず、結論として、シンプルの大切さを実感したいのであれば、まずは前著『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』を読むべきです。

この本も前著も、どちらもシンプルの大切さを説いているのですが、前著は特にApple内におけるシンプルの重要性、「シンプルさ」がいかにしてAppleを支えているか、書かれています。
前著『Think Simple』を読んだ方であれば、こちらの『最強のシンプル思考』は読まなくても大丈夫です。

『最強のシンプル思考』は、世界で業績を上げている企業において、シンプルという考え方がいかにして役に立っているか、様々な担当者へのインタビューから、まとめられています。
ケン・シーガル氏はシンプルを実行するには、大変な作業であると前置きしつつ、シンプルがいかに大切なのか、シンプルがいかにして企業を変革させてきたのか、書かれています。

全体的に冗長である

どんな規模の会社でもシンプルさは効果を発揮する、シンプルさはリーダーシップを発揮する、シンプルは愛を呼ぶ…など、事例を通じてシンプルが発揮させてきた効果が章立てられているのですが、これがあまりにも冗長。

本文中、繰り返し同じことを言っているだけなのです。それだけ大切な考え方だとも言えますが、一度いえば充分。
読んでいくうちに、疲れていくのです。

スティーブ・ジョブズはもういないんだ、と言いたい

本文の半分程度、Appleの事例が出てきます。
事例と言っても、スティーブ・ジョブズがいかにしてAppleにシンプルさをもたらしたか、という話。
ジョブズはこうした〜、ジョブズはこういう考えで〜、と、繰り返しジョブズが出てきます。
インタビュー・事例の紹介 → Apple(ジョブズ)の事例 → インタビュー・事例の紹介 → Apple(ジョブズ)の事例 →…と繰り返されます。
「ジョブズはもういないんだ!」と説教したくなるレベル。

確かに、ケン・シーガル氏は、今のAppleにはシンプルさに欠けている、という発言を多くしています。

確かに、ここ最近のAppleの製品戦略、ブランド戦略は、複雑になってきてしまっている感があります。
ただ、こうした事例は、前著で十二分に語られた話です。
同じ話を繰り返ししてくる、親戚のおじさんみたいになってしまっている。

物事がシンプルだった時代を思い出し「昔はよかった」と、人は感傷的な気分になる。

と本書でも語られているのですが、まさしくこの状態。

シンプルとは「何も引くものがない」状態であること

とはいえ、シンプルの重要性は伝わります。
特に、「会社のビジョンや軸に少しでもブレているものには、きちんとNOを言う」という大切さは、全社会人に理解されるべき考え方です。

会社が苦しいときや、人生に悩みがあるとき、少しでも「うまみ」がある方向に逃げがちです。
多少ビジョンと違えど、利益が確実に保証される案件は、OKしてしまうのが人間の性。
そこをグッと我慢し、ビジョンに忠実にシンプルに行動できるがが大切です。

「これ以上引くものがないな」と思えた時、シンプルさが実現できている証です。
その大切は、本書を読めばかなり理解できるはずです。

特に、Chapter10「あなたなりのシンプルの道を見つける」は、シンプルを目指すロードマップがうまくまとめられており、ここは読む価値があります。

ただ皮肉にも、この本全体があまりシンプルさを発揮できずにいる、そんな印象でした。
前著が素晴らしかっただけに、少し残念です。

COMMENTS

TOP > Books > ケン・シーガル著『最強のシンプル思考』を読みました